わが家のペット達

【ハムスター】液体のお薬の飲ませ方(裏ワザも)

2019年11月17日

ハムスター2匹を溺愛中⭐️ちゅんちゅんです。😊

ハムスターの通院とお薬

我が家のジャンガリアンハムスターのおもち君。

現在1歳8カ月。これまでに2度、動物病院でお薬をもらったことがあります。

1度目はケガで、原因は夏にハムスター用の涼しいトンネルを巣材の上に直置きして使っていた所、

固定用のネジを外したのでそこに四角い穴が空き、その部分に小さなバリがあったようで毛が引っかかり背中に小さなハゲが出来てしまいました。

毛をかき分けると小さな傷があったので病院に連れて行くと、お薬を処方されました。

↑の四角の部分の内側でケガしてしまいました。今は両面透明ガムテープでガードしています。

2度目は先日、餌の食べが悪くなり病院に連れていくと、不正噛合で歯が伸びすぎ上顎に刺さって傷つけている事が分かり、歯をカット&お薬を処方されました。

ハムスター用の液体のお薬

2回とも、液体の飲むお薬を処方されました。

蓋を開けるとこんな感じ。

1日に数回、指定された数の数滴をハムスターに飲ませます。

ベテラン獣医さんに聞いた薬の飲ませ方

ハムスターを割としっかり持ち、おなか側を上にし、口に薬をたらして飲ませます。

うまく飲んでくれない時は容器の先で口をちょんちょんと刺激すると飲んでくれるそうです✨😊

親指と人差し指でハムちゃんの頭をうまく固定するよう持てるとより良いようです。

しかしこれが予想以上に難しくて私はすごく苦労しました。

ケガさせるのが怖くて強めに握れず、ハムちゃんがバタバタ激しく暴れて両手と両足で邪魔をし、口も全然開けてくれず飲んでくれませんでした。

ベテラン獣医さんのやり方

今日ベテランの獣医さんに「薬を飲ませるのが苦手でうまくいかない」旨を伝え、薬の飲ませ方を詳しく教わり、獣医さんのやり方をガン見してきました。

獣医さんはハムちゃんが動かないようかなりしっかりめに持ち、いつも鳴かないおもち君が「ジージー」怒って鳴きわめくくらいちょっと強引めにお薬をあげていました。

短時間で終わるのでお薬を飲んだ後のおもち君は元気でした✨

私のように優しく持ってしまうとハムちゃんが暴れて体力を使ってしまい、時間も長引くのでお薬後おもち君がぐったりしてしまう時がありました。

どうしても暴れて長時間かけてもうまくあげられない場合は、ハムちゃんの為にも勇気を出してもう少し強めに持つのがコツかもしれません。

薬を飲んでくれない時の裏ワザ

初めて薬をあげた時全然飲んでくれなくて、なんとか飲ませようといろいろ試し、

最終的にプラスチックの小さなスプーンの先にお薬を垂らし、それをハムちゃんになめさせて飲ませました。

甘いお薬だったせいかペロペロと喜んで全部なめてくれました。コンビニでプリンを買った時の透明のスプーンでした。

後で動物病院でそれでも大丈夫なのか聞いてみた所、「全部飲んでくれれば大丈夫ですよ✨」との事でした。😊

ただ2回目のお薬では、苦いお薬だったのか口の中のケガだったせいかスプーン作戦は効かず悪戦苦闘中です。

皆さんのお家のハムちゃんが早く良くなりますように✨🐹

ちゅんちゅん

    コメントを投稿